髪がゴワゴワの硬い人がサラサラになるシャンプー

髪が硬くてゴワゴワだと、扱いにくく、スタイリングも思うようにいきませんよね。

硬くてゴワつく髪を何とかしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな髪がゴワゴワで硬い方でも、サラサラ髪になれるシャンプーをご紹介します。

ゴワゴワの髪がなかなか収まらないのは、もしかすると、シャンプーが髪に合っていないからかもしれませんよ。

自分に合ったシャンプーを見つけて、ゴワゴワで硬い髪をサラサラに導きましょう。

髪が硬い人におすすめのシャンプーの成分

髪が硬い人は、髪が柔らかい人に比べ、髪の構造が太くなっている状態です。

分かりやすく例えると、海苔巻きの中にある具がぎゅうぎゅうに詰まっており、しかも周りの海苔も固く巻かれているため、太くて硬くなってしまっているのと同じ状態といえます。

髪の内側にはコルテックスという成分があるのですが、髪が硬くてゴワゴワする人は、コルテックスの密度が高く、ぎっしりと詰まっているイメージです。

さらに、髪の周りにはキューティクルという成分が覆っているのですが、こちらも密度が高く、何重にもなっていると髪が硬いと感じやすくなります。

髪が硬くてゴワゴワするのなら、密度の高いコルテックスと何重にも重なったキューティクルを、柔らかくしてあげる必要があるのです。

コルテックスもキューティクルも健康な髪の毛には必要な成分なのですが、多すぎるとゴワつきの原因となり、髪が扱いにくくなってしまいます。

密度の高いコルテックスと何重にも重なったキューティクルを柔らかくする成分は、セラミドです。

セラミドは油分の一種で、髪に働きかけて柔らかく手触りの良い髪に導いてくれます。

よく、セラミド入りシャンプーや、セラミド入りとリートメントという言葉を耳にしますが、これらは髪を柔軟にしながら扱いやすい状態に整えてくれるという効果があるのです。

さらに、髪を柔らかくするためには、CMC構造にも着目しましょう。

CMCはセラミドと同じ油分になります。

CMCは通常、キューティクルの隙間に存在し、髪の柔軟性を高め、自然なツヤ、ハリを維持するために欠かせません。

しかし髪が硬くゴワゴワになっている人は、CMC構造が崩れ、キューティクルを十分に活かすことができていない状態です。

そのため、髪を柔らかくサラサラにするためには、CMC入りのシャンプーを使うことも非常に有効といえます。

他にも、髪が硬い人にはアミノ酸系シャンプーもおすすめです。

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が弱く、マイルドなのが特徴です。

髪が硬くゴワゴワしている人は、髪がダメージを受けやすく、ダメージを受けることでより髪がゴワつき、扱いにくくなってしまいます。

それを避けるためには、できるだけシャンプーの洗浄力は強くない方が良いので、マイルドで優しく洗えるものがベストでしょう。

アミノ酸系シャンプーなら、不要な汚れや皮脂をしっかり洗い落としつつ、頭皮にも髪にも優しい成分なので、毎日使ってもストレスがかかりません。

今使っているシャンプーの刺激が強い、頭皮かかゆいなど気になる人は、アミノ酸系シャンプーで優しいシャンプーをするようにすると、症状が和らぐ可能性が高いです。

このように、セラミドやCMCが含まれているシャンプーを使い続けると、髪の状態が変わり、ゴワつく硬い髪もサラサラ髪を目指すことができます。

またダメージを与えないためにも、アミノ酸系シャンプーを取り入れるのも良いでしょう。

硬くてゴワゴワの髪には、その髪質に合ったシャンプーを選ぶのが一番です。

何を使ってもサラサラにならないのなら、一度こういった成分が含まれてるシャンプーを試してみると良いですよ。

ダメージとくせ毛でゴワゴワの髪がサラサラになるシャンプー

髪の毛がゴワつく原因は、ダメージやくせ毛であることも多いです。

元々硬い髪質やゴワゴワしやすい髪質の人も多いですが、カラーやパーマなどにより、髪がダメージを受け硬くなってしまうパターンも珍しくありません。

また、くせ毛の人は髪がゴワつきやすく、硬くなりがち。

そんなダメージとくせ毛でお悩みの人におすすめのシャンプーが「ナプラ」の「CMCシャンプー」です。

オーガニックエキスを元に作られたこちらのシャンプーは、髪にも頭皮にも優しい成分が自慢です。

CMC成分を補給できるシャンプーなので、ダメージ毛もくせ毛もしなやかに、やわらかい髪の毛へと導いてくれます。

ふんわりとした仕上がりになりますが、自然なボリュームを維持できるため、広がらず毛先までしっとり収まりますよ。

くせ毛の人は、くせが治ることはありませんが、ブローなどのお手入れがしやすくなるので非常に扱いやすくなるかと思います。

くせによる広がりで悩んでいる人や、湿気の強い時期にもおすすめです。

香りはやや強めのフルーティーな印象ですが、乾かすと髪に残らずスッキリと洗い上がります。

ダメージによって崩れたキューティクルを補修しつつ、隙間にCMCを取り入れるので、洗えば洗うほどまとまってサラサラな髪に導きます。

また、特にくせ毛でお悩みの人におすすめしたいのが「イオセラム」の「クレンジングシャンプー」です。

こちらはくせ毛に特化したシャンプーで、内部まで成分が浸透し、うねりやハネなどのくせを毛先までまとめます。

非常にしっとり系になるので、髪が細い人や量が少ない人には向きません。

髪のうねりやハネなどに働きかけ、手ぐしでもまとまるように仕上げます。

髪のくせが治ることはないのですが、まとまり感が出るので、スタイリングは非常にしやすくなるでしょう。

その後のブローやコテ巻きも格段に行いやすくなります。

ダメージを受けてゴワゴワな髪にもしっかり働きかけるので、くせ毛で縮毛矯正やストレートパーマをしている人にも最適。

コクのあるリッチな泡で使用感が良く、硬くて太い髪や、水分をはじいてしまうような剛毛にもお使いいただけます。

縮毛矯正後、ストレートパーマ後にも合っています。

同ラインのトリートメントを使用するとさらにまとまり感がアップするので、こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

髪が硬い人がサラサラになる市販のシャンプー

髪が硬くてゴワゴワしている人におすすめの市販のシャンプーは、「ボタニスト」の「ボタニカルシャンプー」です。

市販のシャンプーの中でも非常に人気の高い商品で、美容師から見てもおすすめできるシャンプーといえます。

こちらにはセラミドが多く含まれており、髪の柔軟作用に優れています。

そのため、髪が硬い人が使い続けると、徐々に髪が柔らかくなり、硬さが和らいでいくはずです。

手触りが悪かったという人も、指通りのよいしなやかな髪を目指せます。

ボタニカルシャンプーには「モイスト」と「スムース」があります。

どちらも髪の柔軟作用がありおすすめですが、髪が硬くてゴワゴワの人にはモイストをおすすめします。

分かりやすくいうと、モイストはしっとりした仕上がりで、スムースは軽い仕上がりという印象です。

髪の量が多い人、硬い人、くせ毛の人は、しっとりと髪が収まるモイストの方が、全体的に落ち着きやすいかと思います。

ただし、シャンプーの合う・合わないには個人差があるため、モイストで重すぎると感じたり、もう少し軽く仕上げたいと感じるのであれば、スムースを試してみましょう。

髪が硬い人がサラサラになるサロン専売のシャンプー

髪が硬い人がサラサラになるシャンプーは、サロン専売品にも多くのおすすめがあります。

中でも特に一押しなのが、「デミ」の「ユントシャンプー」です。


ユントシャンプーは90%以上が天然成分を使用して作られており、髪へのダメージを最小限に抑えることができます

髪が硬くゴワゴワな人は、ダメージを与えるとさらに髪の硬さやゴワつきが気になってしまうので、刺激の強いシャンプーは避けるのが無難。

ユントシャンプーならそんなダメージ毛にもしなやかに働きかけて、優しく汚れを洗い落とすことが可能です。

さらにユントシャンプーには有効なセラミドが多く含まれており、髪の1本1本にしっかり作用し、しなやかでやわらかい理想的な状態へと導きます。

エイジングケアにも最適なので、年齢と重ねるごとに髪がどんどん硬くなったという人にもおすすめできますよ。

ユントシャンプーのラインナップは「ライト」「スムース」「シルキー」「モイスト」の4種類。

最もしっとりと収まるのがモイストで、最も軽い仕上がりになるのがライトです。

こちらはお好みですが、髪が硬い人にはシルキーかモイストがしっくりくるでしょう。

ダメージの損傷が激しかったり、髪の量が多い人にはモイストを、髪の毛の量が少ない人やある程度の軽さを求める人にはシルキーをおすすめします。

もちろん、それよりも軽く仕上げたい場合には、スムースやライトも試してみてください。

ユントシャンプーは天然成分を使用したシャンプーの割に、泡立ちが良いので洗いやすくなっています。少量でも十分汚れを落とせるので、出し過ぎには注意しましょう。

頭皮もさっぱりと洗い上げ、かゆみやフケなどの頭皮トラブルを事前に防いでくれる効果もあり。泡切れも良く、自宅で使うシャンプーとしてはおすすめの商品です。

髪が硬い人が柔らかくなるオイル

髪が硬い人は、シャンプーだけでなく他のアイテムも髪に合うものを使用してみましょう。

特にヘアオイルはおすすめで、硬い髪に馴染みやすく、相性が良いのでおすすめです。

手ごわいくせ毛の人にも自信を持っておすすめできるのは、「シュワルツコフ」の「BCオイルイノセンスセラムリッチ」です。

数多くあるヘアオイルの中でも、髪の柔軟化に優れており、強いくせ毛もしなやかにまとまると長年人気を集めています。
ヘアオイルなのにベタつきが少なく、ツヤ感も自然な印象でデイリーに使用できます。

乾かす前だけでなく、ブローやアイロン、コテ巻きの前にも使用して髪を柔らかく仕上げましょう。

比較的重く仕上がりますが、くせ毛や硬い髪の毛、ゴワゴワした髪の人には相性が良く、毛先のおさまりが格段に良くなります。

こちらは濡れた状態ではなく乾いた髪にも使えるので、スタイリング剤としても重宝。

髪が硬い人、ゴワゴワしている人、くせ毛で悩んでいる人は、持っていて損はありませんね。

もう少し軽く仕上げたいのなら「モロッカンオイルトリートメント」もおすすめです。

バニラ風のオリエンタルな香りがセレブ感満載で人気を集めていますが、実力派のヘアオイルで、どんな髪にも馴染みやすく、柔らかく扱いやすい状態に整えてくれます。

モロッカンオイルトリートメントは少量でも馴染みやすいですが、お好みで量を調整し、しっとり感を出すことも可能です。

もちろんヘアケアだけでなくスタイリング剤としても使用できますし、ワックスと混ぜて使えば、セットしながらヘアケアができるという利点もあります。

先ほどご紹介したBCオイルイノセンスセラムリッチよりもサラサラと軽い仕上がりになるので、自分に合った方を選んでみましょう。

どちらも毎日使うことで髪がどんどん良い状態に整いますので、ブローの前には必ず馴染ませるようにしてください。

美容室で人気の商品ですが、取り扱っていない場合もありますので、その場合には一度美容師さんに問い合わせてみましょう。

髪がゴワゴワの硬い人がサラサラになるシャンプーまとめ

髪がゴワゴワで硬いという人でも、シャンプ―選びに気をつければ、サラサラな髪を手に入れることができます。

シャンプーは、やはり自分に合ったものを選ぶのが一番です。

髪を柔らかくしてくれるセラミドやCMC成分が含まれているものを積極的に取り入れて、扱いやすい髪へと導いてください。

硬い髪、ゴワゴワの髪、くせ毛でお悩みの人は、とリートメントやストレートパーマをすることが多いですが、シャンプーを変えるだけで悩みが解消するかもしれませんよ。

刺激の強いシャンプーや洗浄力が強いシャンプーは、髪をより硬くし、ゴワつきを際立たせてしまうので避けるようにしましょう。

くせ毛の人も、自分に合ったシャンプーを使わない限り、髪は収まりませんしスタイリングもしにくいままです。

くせ毛用シャンプーなど何を使ってもダメだった、という場合にも、今回ご紹介したようなアイテムを使い、毛先まで収まる扱いやすい髪を目指してみてはいかがでしょうか。