人気美容師に聞く!髪の静電気を抑える方法

某有名サロンで店長を経験した後、独立をした人気美容師の久保洋兵さんに、髪の静電気を抑える方法について教えて頂きました。

【久保さんのお話】

髪の静電気が起きてしまう理由

髪の静電気が起きてしまう理由としては、乾燥が一番大きな原因です。外気の乾燥とさらに、自分の髪にカラーなどを行った結果、髪も乾燥してしまいます。その2つの乾燥の間に摩擦が起こって静電気が起きてしまいます。

髪の静電気を抑えられるシャンプー

乾燥をなるべくおさえるように、水分補給ができるようなシャンプーでしたり、しっとりまとまるものを使うと良いと思います。

 髪の静電気を抑える美容師オススメシャンプー

ミルボン社のオージュアというシリーズのシャンプーがあります。その中でも、クエンチというラインが、水分を維持する髪にするという事を目的に作られているシャンプーですので、おすすめです。

また同じくミルボン社のタイムサージというラインが、ビタミンB6を強化しているアンチエイジングのラインです。

髪は年齢とともに、空洞化していき水分を保持することができなくなってしまいます。それを補うラインになります。

 髪の静電気を抑える方法

髪の静電気を抑える方法として、ドライヤーのやり過ぎにも注意が必要です。ドライヤーは乾かし過ぎると、髪の毛がボワっと広がってしまいます。

かといって濡れたままの状態で寝てしまうという事も髪を痛める原因になります。適度なところできちんと止めるという事が髪の静電気を抑える方法になります。

髪の静電気を抑えるブラシ

髪の静電気を抑えるブラシとして、プラスチックではなく、木製のブラシがおすすめです。さらに毛の部分はナイロン製のものは静電気が起きやすく、動物の毛であれば静電気が起きにくくなります。

ノンシリコンシャンプーは静電気が起きやすい?

シリコンインシャンプーとノンシリコンのシャンプーであれば、断然シリコンインシャンプ-の方が、静電気は起きにくくなります。

髪の毛にパーマやカラーなどを一切行っていないという人であれば、ノンシリコンシャンプーでも良いと思いますが、シリコンに髪をまとめる成分が入っているので、まとまりはシリコンインシャンプーの方がよくなります。

またノンシリコンをうたっていても、中にはシリコンと同じような成分をつかっているということもあるので、成分はよくチェックしてみてください。

髪の静電気を抑えるアウトバストリートメント

アウトバストリートメントはマストで使ったほうが良いと思います。ワンプッシュ、ツープッシュくらいでよいのですが、今のヘアオイルは揮発性が強いので、すぐにとんでベタつきにくいという特徴があります。

少し前に流行した、ベビーオイルをつけて仕上げるようなウェットなスタイルであれば、静電気は起こりようがないです。

最後に仕上げるものを、シアバターを使うという方もいらっしゃいます。

アウトバストリートメントの髪への付け方としては、まずは髪の半分から下にトリートメントをつけます。

その後、髪のトップから半分までをつけるというのが、基本のスタイルです。

髪の毛に揉み込むようにつけるというのがポイントです。