薄毛に悩む女性の為の元美容師の解決法

女性にとって薄毛は、なんとしても解決したい重要なポイントです。しかしどのようなことをしたらいいのか、わからないと悩んでいる女性も多いでしょう。

ということで髪の知識を勉強した元美容師が、女性の薄毛についてなにか解決できる方法。もしくは原因などを紹介しますね。

女性の薄毛の原因はこれ

薄毛になってしまうのは男性だけでなく、女性も悩んでいる人が増えています。それが今までしてなかった行動をとっているからです。

もちろん意識してもなかなか行動に移せないのが人間。ということで具体的に女性の薄毛の原因を紹介します。

少しでもこの原因を知って解消してみる努力をしましょう。気持ちを入れ替えるのが薄毛を解消するコツです。

運動不足による血流悪化が原因

男性の場合はホルモンの関係で薄毛になる場合が多いのですが、女性の場合はホルモンでの薄毛になる心配はあまりありません。

むしろそれ以上に多いパターンが、運動不足による血流が悪くなっているパターンです。

そもそも髪の毛は栄養がないと、うまく育たないことを覚えておきましょう。その栄養を運んでくるものは血液です。

つまり血液がドロドロになっていると、どうしても髪の毛まで栄養が届けられません。さらにいうと女性はホルモンの関係で、この血液の循環が悪くなりやすいんです!

もっと詳しく説明すると、女性は筋肉が付きにくいのが原因。ちなみに筋肉はたくさんついていると、ポンプの役割をしてくれます。

ということは運動不足だと血のめぐりが悪くなるのは、容易に想像できますよね?女性が薄毛に悩んでいるときは運動をして、血のめぐりをよくしましょう。

なおムキムキになる必要はないので、足の筋肉が鍛えられるウォーキングがおすすめです。気軽に続けられる運動をやって足の筋肉を鍛えましょう。

ヘアケアの不足による頭皮環境の悪化

薄毛になっているのは頭皮の状態が悪くなっているのも、原因のひとつです。それは髪の毛は毛穴から生えてくるものだから。

ということは頭皮の状態もよくしていないと、どうしても髪の毛が生えたくても生えられません。つまり頭皮は土で髪の毛が農作物だと考えましょう。

いい土だとおいしくて大きな作物が育ちますが、カチカチの土にいくら効果的な肥料を与えたところで、すぐに作物は育ちませんよね?

だとすると頭皮も同じように環境をよくしないといけないわけです。では頭皮の環境をよくするとは、どのような状態か?それはしっかり保湿ができて柔らかい頭皮です。

さらにいえば、赤くなっている炎症もないほうがいいでしょう。本音をいえば野球部の坊主のような青さが頭皮には必要なんです。

それくらい頭皮の環境が整っていれば髪の毛も育ちやすいので、女性の薄毛問題は解決しやすくなります。

食生活の乱れも薄毛の原因

髪の毛は何で作られているのかご存じでしょうか?じつは髪の毛というのはたんぱく質から作られています。

アミノ酸と聞いたらピンときやすいでしょうが、あれはたんぱく質が分解されてできた成分。つまりたんぱく質が足りていないから女性は薄毛に悩んでいるわけです。

ちなみに日本人のたんぱく質摂取量は年々減っています。

「でも裕福な日本で、なぜたんぱく質が減っているの?」と思うかもしれませんが、それはジャンクフードなどの高糖質で低たんぱくな食べ物が、たくさんでまわっているから。

知らぬ間にたんぱく質が食べられていないので、薄毛になっている人も少なくありません。さらに高糖質な食べ物も薄毛には悪影響です。

というのも糖質を摂りすぎるとダイエットに悪いといわれていますが、じつは糖化が起こって頭皮まで硬くなってしまいます。

頭皮が固くなると血液の循環が悪くなるので、どうしても薄毛になってしまうわけです。とくに薄毛の女性は食生活を侮ってはいけません。

ストレスや睡眠不足

これはよく耳にすることですがストレスは薄毛に天敵です。それは交感神経の影響で血液が悪くなってしまうから。

交感神経とは仕事を集中するために働く神経のことですが、強いストレスがかかってしまうと体がうまくコントロールできなくなってしまいます。

つまり常に交感神経が活発で、血液が髪の毛まで届きません。さらにこの交感神経は睡眠不足になりやすい体質になってしまうんです。

睡眠は髪の毛を効率よく作られる大切な時間ですが、それができないとなると薄毛になるリスクがかなりアップしてしまいます。

このダブルパンチで女性は、薄毛になっているかもしれません。深い睡眠を心がけると交感神経がゆるんで血液の循環もよくなるので、寝る努力をしてみましょう。

産後の女性の抜け毛の原因と対策法

元気な赤ちゃんを産んだ女性は疲れはてて、しばらくは体も動かしたくないですよね?それくらい出産というのは、女性ならではのパワーが必要です。

もちろん体が疲れているわけですから、髪の毛にもかなりの影響が出てしまいます。しかも意外にそれが長く続くので要注意!

ということで産後の女性が薄毛になる原因と対策を紹介するので、参考にしてくださいね。

産後はホルモンバランスが大きく乱れて抜け毛に

産後の女性が薄毛に悩まされるのは、かなりの確率でホルモンが関係しています。

髪の毛を作るにはたんぱく質と同様か、それ以上に女性ホルモンが必要になるんです。とくにエストロゲンといわれる成分が重要といわれています

しかし赤ちゃんを産んだ後には、この女性ホルモンが極端に少なくなって体質が大きく変化。つまりこのときに薄毛になる可能性が高くなります。

この薄毛になるのは男性ホルモンが増えているからです。このホルモンは抜け毛を促進させるので、産後に抜け毛が多くなってしまいます。

赤ちゃんを産んですぐそれが解消すればいいのですが、薄毛になって元に戻るのに、せめて1年はかかると思ったほうがいいでしょう。

というのも産後と関係なく普通に髪の毛が生えるだけでも、ヘアサイクルは3カ月といわれています。

このヘアサイクルの中でも髪が抜けるという退行期。その後の髪が生えてくるまでの休止期が3カ月かかるんです。

これも人によっては髪が生えてくるのに1年かかったという人も…。それくらい気長にホルモンバランスを整える努力をしましょうね。

産後の育児のストレスと睡眠の質の低下が薄毛の原因に

さらに産後の女性を苦しめるのは育児のストレス。初めての育児なら自分の時間が作れずイライラする時間が増えてしまうでしょう。

そのイライラが交感神経を活発にさせます。先ほど書いたように交感神経は血液の循環を悪くさせる神経。つまり髪の毛の栄養が届きにくくなってしまいます。

それだけでなく夜泣きする赤ちゃんをあやすために、睡眠時間を削らないといけません。ちなみに睡眠も髪の毛を育てる大切な時間ですからね。

ですから育児には薄毛になる要因がたくさんあるので、解消する方法を考えなおす必要があるわけです。

産後の薄毛には食生活を変えてストレスを解消

産後の女性は赤ちゃんに母乳をあげないといけませんし、育児で自由がききません。ですから薄毛におすすめの食事をとって、自分で薄毛を解消するのがいいでしょう。

というのも産後の薄毛はホルモンバランスの影響がかなり大きく、じつは解消しやすい薄毛の原因のひとつなんです。

ということはあまり焦る必要もなく、自宅で簡単にできる食事での解消法が相性抜群。とくに大豆のイソフラボンを積極的にとりましょう。

イソフラボンは女性ホルモンの代わりになるといわれている成分で、働きが似ているんです。積極的に大豆製品をとって髪の毛をいたわりましょう。

女性の薄毛におすすめのシャンプー

薄毛には頭皮の環境を整えるのが重要と紹介しましたが、その中でもシャンプーの選び方が重要です。

そもそもシャンプーは汚れを落とすのが仕事。つまり選び方を間違えると、必要な皮脂までなくなってしまうので薄毛になる原因になります。

さまざまな薄毛に効果的なシャンプーがありますが、とくにおすすめのシャンプーを紹介しますね。

女性の薄毛はアミノ酸シャンプーがおすすめ

薄毛に悩んでいる女性は頭皮が乾燥している可能性が高いでしょう。それが原因で薄毛になっているなら、アミノ酸シャンプーがピッタリ!

なぜならアミノ酸シャンプーは洗浄力が弱く、さらに保湿成分もたくさん入っているからです。

アミノ酸とはたんぱく質みたいなもの。髪の毛を育てるには重要な成分になります。さらにこのアミノ酸は人間の皮膚と同じなので、浸透力が高くて保湿力がアップ。

女性の薄毛にピッタリというわけです。

とくにおすすめなのがチャップアップシャンプー。このシャンプーは美容師と育毛剤の会社が一緒に作ったものなので、頭皮のことを考えられて作っています。

まず女性が薄毛に悩んでいるなら、このシャンプーを選んでおけば間違いありませんよ。

ハーブがたっぷりのオーガニックシャンプー

薄毛に悩んでいるということは、頭皮が弱っていると考えたほうがいいですよ。男性なら弱っているだけでなく、体の構造が原因ですが女性はそうではありません。

それは女性が薄毛になる可能性が低いから。極端なことをいうと、そもそもハゲることがないからです。

なぜここまでいっているかというと、それほどまで頭皮が疲れはてているんです。ですからシャンプーも刺激が少ないものを選んだほうがいいでしょう。

ちなみにその中でもとくに刺激が弱いのが、自然由来のハーブがたくさん入っているシャンプー。つまりオーガニックシャンプーがおすすめです。

ハーブは言いかたを変えると漢方の役割にもなります。ということは血行促進や、頭皮の炎症を沈めてくれる働きもあって一石二鳥です。

刺激が弱くて薄毛に効果的なオーガニックシャンプーの中でも、ザ・パブリックのスーパーリフレッシュシャンプーがおすすめ!


このシャンプーは自然由来のオイルもたっぷりなうえに、アロエや先ほどのアミノ酸がたっぷり使われていて女性の薄毛にピッタリです。

女性の薄毛の病院治療について

女性が薄毛の場合は早く薄毛を治したいのが気持ちとして強くありますよね?ということでどのようにして病院は女性の薄毛を解消するのか、紹介したいと思います。

女性が薄毛になったら病院のどの科に受診するべきか?

薄毛を病院で治療するなら、専門の科に受信することになるでしょう。しかしどの科に行けばいいのかわからない人が大半ですよね。

とりあえず頭皮の診察ということなら、皮膚科を連想することでしょう。しかし皮膚科の専門は皮膚の異常を治すこと。つまり薄毛の専門知識はあまりないのでおすすめできません。

ですから病院なら大学病院のような大きな病院の中でも、脱毛症専門外来へいくのがおすすめです。

専門の機器などを使って診察してもらうといいでしょう。しかし注意するべきことがあります。

国が薄毛の治療は医療として認めていないので、保険が適用されません。お金の準備をしっかりしてから病院の治療に励みましょう

病院の内服薬や外用薬で薄毛を解消する方法

病院での治療の代表的な方法は内服薬と外用薬です。薄毛の治療でなくても病院ではよく見られる方法ですね。

ではどのような成分でできている薬を使うのでしょうか?男性でも使われる代表的な薄毛の内服薬はミノキシジルになります

この成分は血行を促進させる効果をアップさせるんです。先ほどから紹介しているおすすめの効果ですよね?

さらにその効果をあげるために外用薬を使います。ちなみにこの薬の代表格はパントスチンです

抜け毛の原因は男性ホルモンなのですが、このホルモンをおさえる効果を発揮します。

どちらも薬としても認められているものなので効果は抜群なのですが、その分副作用があるので、使いすぎに注意して薄毛を解消しましょう。

病院によっては薄毛に対してセラピーや光治療などの特殊な治療方法も

薄毛の治療は薬を使うだけではもちろん解消しませんので、セラピーを使ってみたりします。このセラピーで有名なものは「メソセラピー」です。

この治療は病院だからこそできる方法のひとつで、レーザーや超音波機器を使うことで薬の効果をアップさせます。

つまり先ほどの薬での効果を実感できないときに、この方法を使うわけです。しかし機器を持っている病院は一部なので、予め調べて治療を受けましょう。

女性の薄毛に効果がある薬

よく病院での治療は内服薬や外用薬を使うのが多いと紹介しましたが、薄毛の女性はどのような薬を使うのか、具体的に紹介しますね。

その中からとくにおすすめの薬を選びましたので、悩んでいる人は参考にしてください。

女性専用の数少ない内服薬!パントガールがおすすめ!

先ほどチラッと薬の紹介をしましたが、あれは一般的に処方される薬のことです。男性でも使われているので、女性独特の薄毛の原因に特化したものではありません。

もっと集中的に薄毛を治したいのなら、パントガールがおすすめですよ。この内服薬こそ女性のために作られた薄毛対策の薬になります。

女性がよくなる全体に薄くなる薄毛や、産後の薄毛にも効果的な内服薬です。主にたんぱく質やビタミンBなどが入っていて、他の薬よりは副作用が少ないといわれています。

しかし薬として認められている以上、副作用がないわけではありません。注意して使ってくださいね。

女性専用で効果大の外用薬!リアップリジェンヌを使おう!

よくテレビでも見かけるリアップですが、その種類の中に女性専用のものがあるのをご存じでしょうか?

それがリアップジェンヌ。血行促進効果をアップできるミノキシジルが配合している、頭皮に塗布するタイプの外用薬になります。

この薬を使う場合も要注意!血流が悪くなって薄毛になっている人以外には、あまり効果を発揮しません。

つまり誰にでも気軽に使えないのが欠点。しかしこのリアップリジェンヌは第1類医薬品なので、強い効果を発揮できるのは確かです。

女性専用ということもあり、成分も女性に合わせた作りになっているので、使ってみるといいでしょう。