ボリューム のある髪型にするには?

髪の毛にボリュームを持たせたい、ボリュームのある髪型にしたい、という方は多いかと思います。

ボリュームのある髪型を作るには、自然なふんわり感と、手ぐしで整えたかのようなラフな髪の流れが重要です。

髪型にボリュームがあると、それだけでおしゃれに見えますし、こなれた印象を受けるので、どんな髪型でも基本的にはボリュームを作ることは大切。

では、一体髪のどこにボリュームがあるのが理想なのか?

この答えは、ずばり髪のトップです。

もちろん例外もありますが、一般的に髪型でボリュームを置くべき場所とされるのは、トップです。

髪のトップにボリュームがあることで、ヘアスタイル全体がバランス良く整い、顔の印象もアップします。

小顔効果もありますし、トップのボリュームから自然と毛先にかけて毛の量が少なくなりまとまっていく流れは、好印象スタイルとして欠かせません。

今回は、そんなボリュームのある髪型にする方法を分かりやすく解説していきます。

髪のトップにボリュームを持たせる方法、パーマやドライヤーのかけ方、さらに薄毛の女性がボリュームのある髪型にする方法もご紹介します。

髪のトップにボリュームを出す為のおすすめパーマ方法

髪のトップにボリュームを出したいのなら、パーマをあてるのは手っ取り早い方法といえます。

例えば直毛の方は、髪の毛が根元から毛先までまっすぐ伸びているので、根元がふんわりしませんし、動きを出すことが難しいです。

そこへパーマをあて自然な動きやうねりを作ることで、根元が持ち上がり、自然なふんわり感を作ることができます。

また、髪の毛が薄い方も同様です。

髪の量が少ない方や髪の毛が薄いという方は、やはり根元にふんわり感がなく、自然な動きを作りにくいのが難点です。

パーマをあてることで自然な動きをプラスすることは、髪の量が少なかったり薄かったりしても、ボリュームがあるように演出することに繋がります。

髪のトップにボリュームを出す為のパーマ方法は、髪の毛先や中間にあてるパ―マではなく、根元からカールを付けてあてるパーマです。

根元のふんわり感と動きをパーマで出すことで、簡単にボリュームアップできます。

反対に、髪の毛先や中間にパーマをあてて動きを出してしまうと、パーマの重みが重力に負け、根元が地面に向かって引っ張られます

すると、根元がペシャンとなってしまい、ボリュームダウンに繋がり逆効果です。

トップはボリュームを抑えて毛先にかけてパーマをあてて重くなるAラインの特徴を活かした髪型も人気がありますが、髪のトップにボリュームは出ないので今回はあまりおすすめできません。

パーマをあてる際のロッド巻きでは、上に持ち上げながら巻くことでトップのボリュームが引き出されます。

美容室でオーダーする際には技術面はおまかせし、トップにボリュームを持たせたいことと、薄毛や髪の量が少ないことで悩んでいる旨を伝えると、たいていの場合仕上がりの印象は伝わるはずです。

自分の悩みや希望をまず一番に伝えることで、より理想のパーマをあてることができるでしょう。

パーマはスタイリングが少々難しい場合もありますので、自宅でのケア方法やスタイリング方法も聞いておくと安心です。

パーマを活かしてボリュームを作りやすいスタイリング剤についても美容室で聞いておくと参考になるはずです。

髪のトップにボリュームを出すドライヤーのかけ方

髪のトップにボリュームを出すのなら、ドライヤーのかけ方も重要です。

ドライヤーのかけ方次第で髪のトップの印象が大きく変わるので、注意してください。

髪にボリュームを出すためには、ドライヤーは髪の毛が生えている方向とは逆方向に向かって当てるのが基本です。

つまり、髪の根元を見て髪が生えている方向に沿ってあてるのではなく、反対方向に逆らう形でドライヤーをあてるのが正解です。

髪のトップの場合には、基本的に下から上にドライヤーを充てるイメージで乾かしましょう

ドライヤーから出る熱風の進行方向がトップから毛先の向きにあっていると、根元は当然ペタンとなってしまいます。

これではツヤは出るかもしれませんが、ボリュームは出せませんし、むしろボリュームダウンになります。

髪のトップにボリュームを出したいのなら、思い切ってドライヤーの熱風が下から上に向かって出るようにし、根元を立ち上げながら乾かしてください。

また、根元だけでなく髪の分け目にも注目です。

例えば髪の分け目が普段右側にある方は、ドライヤーで乾かす際、左側に大さっぱで結構なので分け目を作りいつもの分け目とは反対のスタイルで乾かしてみましょう。

乾かしている最中は髪がまとまりにくいかもしれませんが、乾いた後、いつも通りの位置で髪を分けると、自然とボリュームアップしているはずです。

髪のトップにボリュームを出すためには、パーマと同様、根元から立ち上げる必要があります。

それには根元から下から上に向かってドライヤーをあてるのが有効なのです。

ドライヤーは頭に近づけすぎないようにし、約15㎝~20㎝ほど離してかけください。

ブラシを使った特別なブローをしなくても、根元に自然な立ち上がりができればボリュームアップは可能です。

ドライヤーで髪を乾かす際には、長時間かけすぎると毛先の水分が奪われてパサパサになってしまうことが多いです。

せっかくトップにボリュームを作れても毛先がパサパサだとおしゃれな髪型にはなれませんので、軽めのヘアオイルやヘアミルクを毛先に少量なじませておけば、オーバードライを防ぐことができます。

ただし、ヘアオイルやヘアミルクを髪の根元に付けすぎると重みとなり、ふんわりと立ち上がりにくくなるので注意してください。

髪が細い女性がやってはいけない髪型とは

髪が細い方でも、自分の髪質を理解すれば似合う髪型を見つけることができます。

髪が細い場合にはボリュームが出にくいので、髪を多くすいて量を減らしたような髪型は避けるのが良いでしょう。

できる限り髪は残してボリュームや動きを演出したいので、髪のすきすぎには注意してください。

軽めの仕上がりがお好みでも、髪の全体量を減らしてしまうと、ボリュームが少なくなり寂しい印象になりがちです。

ボリュームを維持したい方や髪が細いという方は、カット前に美容師さんへ「髪をすくのは控えめにしてほしい」と伝えておくと良いです。

また、髪が細い方は根元をあまり見せないような髪型をすると、ボリュームをプラスして見せることができます

そのため、髪の分け目を目立たせる髪型は避けるようにし、スタイリングの際にも分け目をきっちり作らない方が良いです。

髪の頭皮や生え際が見える程、髪は薄く見えてしまうものです。

髪が細い女性はきれいな分け目を作るよりも、アバウトな分け目を演出した方が素敵に見えるはずです。

どうしても分け目がついてしまう方は、分け目をジグザグにしたり、分け目にドライヤーをあてて目立たなくするなどし、頭皮を見せないようにしてください。

さらに、髪が細い女性はロングヘアに向いていません。

髪が細いとボリュームを出そうとし、つい長く伸ばしてしまいがちですが、髪が長くなるほど毛先が重力で下に引っ張られるため、ボリュームがダウンしてしまいます。

髪を長くすることで確かに髪全体のボリュームはアップしますが、バランスが悪くなり、髪の細さが強調されることになるでしょう。

ロングがお好みの方でも、できるならミディアム程度に収めておく方が普段のお手入れもしやすいです。

薄毛の女性に似合うおすすめの髪型

薄毛の女性が似合う髪型は、ショートヘアです。

薄毛でボリュームがないのにショート?と感じるかもしれませんが、最もボリュームを出しやすい髪型はショートヘアといえます。

先ほどもご紹介したように、ロングヘアは髪の毛が重力の影響で下に引っ張られてしまうので、ボリュームが出しにくいのです。

髪の長さがある方が、なんとなく髪にボリュームを出すことができそうな気もしますが、実際には短い髪型の方が断然トップのボリュームを出すことができます。

ショートヘアならトップの髪が短いので、スタイリング剤が付けやすくアレンジしやすいのでボリュームアップを簡単に作れます。

薄毛やトップのボリュームがないという方は、ぜひ思い切ってショートヘアにすることをおすすめします。

中には、ロングスタイルの期間が長くていきなりショートにするのは抵抗があるという方もいますよね。

その場合には、ボブやミディアムボブなど、できる範囲で短くカットすればOKです。

顎ラインのボブスタイルも、トップのボリュームを出しやすく、丸みのあるシルエットも演出しやすいので自然なトップの流れを作りやすいですよ。

気になる前髪は、できる限り作るほうが良いでしょう。

前髪がないと分け目がハッキリと出てしまうので、頭皮が見えやすくなり、薄毛やボリュームのなさが目立ってしまいます。

薄毛を目立たなくするためには、トップの根元や頭皮をできる限り見せないことが大切です。

そのため、前髪を作った髪型の方が、トップから前髪にかけてのボリュームを演出しやすいのです。

前髪はやや重めのスタイルにし、ワックスでナチュラルに馴染ませるとより自然なボリュームを作り出すことが可能です

薄毛の女性ができる簡単アレンジ

薄毛で悩んでいても、髪型の印象を変えることができる簡単アレンジがあります。

おしゃれに見えるだけでなく、薄毛を目立たなくすることが可能なので、ぜひ挑戦してみましょう。

薄毛の女性の髪型アレンンジでぜひ取り入れていただきたいのが、カチューシャです。

それも、細めのカチューシャではなく、やや大きめのデザインのおしゃれなカチューシャがおすすめです。

カチューシャを付けることで目線が上に行き、髪型のバランスが整います。

トップにボリュームがなくても、カチューシャのおかげで自然にボリュームアップできるでしょう。

使用するアイテムは、カチューシャ以外にもバンダナやスカーフを巻いてみるのもおすすめです。

最近ではオシャレなものが多く販売されているので、ボリュームのある髪型にしたい方はぜひ取り入れてみてください。

薄毛の女性には、前髪のアレンジへアも良く似合います。

例えば前髪をポンパドールのように上げてみたり、前髪を多めに作って大き目のピンで止めるなどのアレンジは、簡単なのにおしゃれなアレンジの定番といえます。

薄毛が気になっていると前髪をアップにするなどのアレンジを敬遠しがちですが、実は隠すよりもあえてアレンジしてアップにしてしまう方が薄毛が目立たなくなり、ボリュームアップに繋がるのです。

使用するピンも存在感のあるものを選ぶことで、髪型のバランスが良くなります。

実は、ポンパドールなどの前髪アレンジは、髪の量が多いとうまくまとまらなかったり、変なボリュームが出ておしゃれに見えないことが多いです。

意外かもしれませんが、前髪アレンジをした髪型は薄毛の方に最適なアレンジ方法でもあります。

ボリュームのある髪型は、ちょっとした手を加えるだけで簡単に作れます。

基本的にはトップにボリュームがあることが大切なので、ドライヤーで乾かす段階から意識して根元を立ち上げてみましょう。

ボリュームアップをするためにはコテやブローをするのもおすすめですが、パーマをあてれば毎日のスタイリングが非常に楽になります。

ボリュームアップを目的をするパーマをするのなら、必ずカウンセリングの時点で美容師さんにその旨を説明し、根元がふんわりと仕上がるような巻き方をしてもらうようにしましょう。

また、ボリュームのある髪型にするためにはカットで髪を短くしておくことも重要なポイントです。

ボリュームを出すために髪を伸ばす方が多いのですが、あえて短くカットすることで、根元をふんわりさせるスタイリングが簡単なのでおすすめ。

いつもの髪型に飽きたときには、薄毛の方に似合うアレンジ方法でマンネリから脱却してくださいね。

自分に似合う髪型をするためには、自分の髪や髪質を理解し、それを活かすことが大切です。

髪が薄い、細い、ボリュームがないということは、必ずしもマイナスにはなりません。

髪質の特徴を活かすことで、より魅力的な髪型を作り出せますよ。

この記事を参考にし、自然なボリュームのあるおしゃれな髪型をぜひ楽しんでみてください。