シャンプーだけで髪がサラサラになる方法

シャンプーだけで髪がサラサラになったら、お手入れも簡単でいいですよね。

サラサラな髪になるためには、リンスを付けなければいけないというイメージですが、少し工夫すれば、シャンプーだけでもサラサラ髪を手に入れることができるかもしれませんよ。

今回は、リンスをしなくてもシャンプーだけで髪をサラサラにするテクニックをご紹介。

おすすめの商品と、シャンプーだけでも髪に悪影響はないのかどうかも、詳しく解説していきます。

髪の毛にシャンプーだけでリンスなしでも大丈夫?

髪をシャンプーで洗った後、多くの人がリンスを使用するかと思います。

リンスを付ける理由は、髪がキシまないように、サラサラに仕上げるために、というのがほとんどの理由なのではないでしょうか。

リンスを付けることで、確かに髪の手触りがよくなったり、サラサラとした扱いやすい髪に仕上がりますよね。

そんなリンスを使わずにシャンプーだけで仕上げるなんて、髪がキシキシになったり、引っかかったりして扱いにくいんじゃないの?と思うのは、当然のことです。

特に毎日のようにリンスを使っていると、リンスなしで仕上げるなんて、考えられないでしょう。

しかし、髪の毛にはリンスなしでシャンプーだけで仕上げても問題ありません。

実際に、カラーやパーマをしていても、リンスをせずにシャンプーのみで仕上げることはよくあります。

例えば、リンスをすることで髪が重くなってしまっていたり、髪がベタついてオイリー状態になっているときには、リンスがない方が美しく仕上がります。

リンスのせいで、カラーやパーマが取れてしまうこともあるのです。

他にも、毛先に付いたリンスが背中やおでこ、首などについて肌荒れを起こしている可能性もあるでしょう。

おでこや顔回り、首や背中のニキビなどが気になっている方が、リンスやコンディショナーの使用をやめると症状が治まることも多々あります。

リンスにはこのようなデメリットもあるのです。

髪に栄養分を補給するトリートメントは定期的に行うのが理想です。

しかし、髪をただコーティングするだけのリンスは手触りを一時的によくするだけのものなので、しなくても大丈夫なのです。

シャンプーだけでサラサラになるテクニック

いくらシャンプー後のリンスが必要ないと言っても、リンスをしなければ、髪がキシキシになって大変なことになる、と思いますよね。

これは、シャンプー後の洗い流さないトリートメントで解決します。

シャンプーが終わった後、髪を優しくふき取り、乾かす前に濡れた状態で洗い流さないトリートメントを馴染ませてください。

これだけで、サラサラな指通りの髪に仕上がるはずです。

シャンプーだけだと髪がキシんだり絡まって扱いにくいと感じますが、洗い流さないトリートメントを使うだけで、キシキシ感や毛先の絡まりが解消します。

元々ダメージを受けてる髪の場合、シャンプーだけでは非常に髪が絡まり、その状態でリンスをしないことには抵抗があるかもしれません。

しかし、髪はどんどん慣れていきますので、リンスをしないシャンプーを1週間も続けることで、個人差はありますが徐々に髪の絡まりも治まってくるはずです。

洗い流さないトリートメントの方が、リンスよりも髪1本1本に馴染ませることができるので、髪の手触りをより良いものに仕上げられますよ。

さらに、シャンプーのみでリンスをしないのであれば、シャンプー選びにもこだわりましょう。

ドラックストアやスーパーで安売りしているようなシャンプーは、非常に安値の界面活性剤を使用しており、これは洗浄力が強すぎるので、髪本来の水分や油分、成分までも洗い落としてしまう可能性が高いです。

このようなシャンプーを使い続けていると髪がどんどん弱くなり、ダメージ毛になってしまいます。

リンスなしで仕上げるのであれば、髪本来の水分・油分・成分が必要ですし、髪が元々持っている強さもことで、維持しなければいけません。

そのためには、洗浄力の強い界面活性剤を使用したシャンプーを使い続けるのではなく、自然派素材を使用したシャンプーや界面活性剤を使用していないシャンプーを使うのがおすすめです。

シャンプーだけでリンスがいらない商品はコレ

リンスを使わずにシャンプーだけで仕上げるのなら、できるだけ洗浄力の弱い優しいシャンプーを使用しましょう。

おすすめは「haru黒髪スカルププロ」です。

こちらのシャンプーは、リンス・コンディショナー不要を挙げており、実際にシャンプーだけで仕上げるのが正しい使用方法として推奨されています。

100%天然素材を使用し、化学物質やシリコンは一切使用していないので安心です。

無添加のオーガニックシャンプーであるため、髪本来の持つ強さや生命力を使う度に引き出すことができるでしょう。

こういったシャンプーは「泡立ちが悪い」というのがネックですが、haru黒髪スカルププロは、比較的泡立ちが良く、洗い上がりもキシキシしにくいのが好評です。

リンスだけではやっぱり不安だという方も、まずは試してみてください。香りは優しい柑橘系で、誰にでもストレスなく使用できるはずです。

また、洗い流さないトリートメントを使うのもシャンプー後のキシキシを抑えます。

「ロレアルパリ」の「エルセーヴエクストラオーディナリーオイリーエクラアンぺリアル艶髪オイル」は髪に美しいツヤを与え、1本1本を丁寧にコントロールしてくれるヘアオイルです。

濡れた髪に馴染ませて乾かすだけで、髪が軽くサラサラと仕上がります。

リンスをせずにシャンプーだけでも、このヘアオイルがあればキシキシ感を解消できます。優雅な香りにも癒されると好評です。

ヘアオイルが苦手な方には「オルビス」の「エッセンスインヘアミルク」がおすすめです。

こちらはミルクタイプなので、しっとり系の仕上がりがお好みの方にも人気があります。

髪への浸透力が高いので、ダメージを負ったキシキシ髪にもしっかり馴染み、毛先までまとまりますよ。

香りがない無香料タイプなので、香りが苦手だという方にもピッタリ。

ミルクタイプですが比較的軽い仕上がりなので、重くならず、シャンプー後の洗い流さないトリートメンとしては最適でしょう。

コテ巻きやドライヤーを使ったブロー前にも使えるおすすめアイテムです。

シャンプーだけだとハゲるというのは本当?

よく、シャンプーだけでリンスをしないとハゲるのでは?という質問を耳にします。

結論から言うと、シャンプーだけでリンスをしなければハゲるということは、ありません。

そもそも、リンスというのは髪をコーティングするために使用するものなので、頭皮にはつけませんよね。そのため、薄毛や抜け毛などとはあまり関係性がなく、リンスをしたから、リンスをしなかったからハゲるということはないのです。

シャンプーだけで仕上げても、それがハゲに繋がるということはありませんので安心してください。

むしろ、シャンプーの後にリンスやコンディショナーを使用しており、その使い方が間違っていると、それこそハゲの原因になってしまうことがあるでしょう。

例えばリンスやコンディショナーを髪につける際、頭皮の近くにもつけてしまいと、それがすすぎ残しとして頭皮に付着し、頭皮が詰まってしまうことが考えられます。

この場合には頭皮から健康な髪の毛が生えにくくなるので、薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。

間違った使い方をしてしまうのであれば、リンスなどは使用せず、シャンプーのみで仕上げる方が、ハゲ予防になるともいえます。

ただし、シャンプーのすすぎ残しは抜け毛や薄毛の原因になるので注意しましょう。

シャンプーの泡がなくなっても、まだ目に見えない汚れや油分は残っています。

毛穴に汚れが残ってしまうことも、健康な髪が生える妨げになりますので、すすぎは丁寧すぎるくらい行うのがベストです。

また、シャンプーの量を出し過ぎることも、頭皮にシャンプーが残る原因になります。

100円玉大、もしくは500円玉くらいの量でシャンプーは十分使えますので、一度に大量のシャンプーを手に取りすぎないよう注意してください。

自然派のシャンプーは界面活性剤を使用していない分、泡立ちが悪いので、つい多く取りがちです。

しかし、泡立たなくてもシャンプーの効果はしっかりありますので、使用量は守りましょう。

シャンプーだけでハゲないためにも、シャンプーのやり方はしっかり守って髪と頭皮を健やかに保ってくださいね。

せっかく良いシャンプーを使っていても、使用方法が間違ってると台無しになってしまいます。

ノンシリコンのシャンプーだけ使うとこうなる

ノンシリコンと聞くと、髪に良いというイメージがありますよね。ただ、シリコンとは、一体何なのか、よくご存知ない方も多いのではないでしょうか。

シリコンには様々な種類があるのですが、大まかに言うと、髪をコーティングするものです。リンスやコンディショナーをつけると髪がツルツルになり、ツヤが出ますよね。

あれはシリコンのおかげであり、髪の毛の内部には作用せず、髪の毛の表面にツルツルする素材を塗って、サラサラ感やツヤを出している、ということになります。

そのため、シリコン入りのシャンプーはシャンプー後もキシむことなく、シャンプーだけでもしっとりまとまっているはずです。

しかし、このシリコンが入っていないノンシリコンシャンプーの場合には、かなりキシキシになって髪が傷んでいる、と感じる方が多いです。

確かに手触りも悪いですし、指にも引っかかるので良い印象はありませんね。ただ、その状態こそ、髪本来の素の状態だと言えます。

ノンシリコンシャンプーだけ使うと、髪は今までよりもキシみますし、ツヤもなく、パサパサとした仕上がりになることも少なくありません。

それは、それほど髪がダメージを負っているという証拠であり、お肌でいうとスッピンの状態と同じです。

シリコン入りのシャンプーは、は汚れを落としているはずなのに、シリコンの作用で髪がコーティングされてしまい、ツヤのある印象があるものの、頭皮にもべったりとシリコンが残っているのです。

洗顔をしたのに、洗顔剤にファンデーションが入っているから洗顔後なのにお肌がコーティングされているのと同じことになります。

この状態では、健康な髪が生えにくく、頭皮トラブルにも繋がるのは当然のことですよね。

シリコン入りのシャンプーを使い続けていると、髪がどれだけ傷んでいるのかが分からず、常に髪と頭皮がシリコンに覆われているため、どんどんダメージが進行します。

それに比べ、ノンシリコンのシャンプーを使い続けていると、髪がキシんで絡まりますが、髪の素の状態を確認でき、髪と頭皮が呼吸しやすくなります。

そして、ノンシリコンのシャンプーを使い続けていくうちに、髪本来の強さや生命力が鍛えられるので、どんどんキシまなくなり、指通りも滑らかになります。

頭皮から自然に分泌される油分が髪に馴染み、自然なツヤも生み出されるでしょう。

ノンシリコンのシャンプーは、使用感があまり良くないため、使うのをやめてしまう方も中にはいます。

しかし、使い続けるほど髪はどんどん強くなりますし、シリコンで誤魔化さない分、本来の美しさを取り戻そうと働きかけます。

髪を美しくしたいのであれば、ノンシリコンのシャンプーを使い続け、髪本来の美しさを引き出してみましょう。

シャンプーだけでも髪がラサラになる方法まとめ

シャンプーだけでも髪をサラサラにするためには、いくつかのポイントがあります。

まず、使用するシャンプーは髪や頭皮にも優しいものを選ぶことです。

ノンシリコンであることはもちろん、香料などの成分もできるだけ入っていないものだと、髪も頭皮も自然な状態に戻ります。

さらに、シャンプー後にキシみが気になるのなら、洗い流さないトリートメントを上手に利用し、毛先までまとまる髪を演出しましょう。

リンスやコンディショナーを使わなくても、洗い流さないトリートメントを使うだけで、キシまない髪を作ることができます。

また、シャンプ―の使用方法を守り、髪をゴシゴシこすらないなど、丁寧にケアすることも大切です。

シャンプーだけでも髪本来の力が備わっていれば、髪は美しく保つことが可能です。

リンスなしでも美髪になるよう、あなたも今日から毎日のヘアケアを見直してみてください。