元美容師が解説!髪のダメージは原因コレ

髪がダメージを受ける原因はたくさんあります。

髪を美しく健やかに保つためには、ダメージを受けないように日頃から心掛けることがとても大切です。

では、髪はどんなときにダメージを受けるのか、ご存知でしょうか?

カラーリングやパーマ以外にも、髪はあらゆる画面でダメージを受けているのです。

髪のダメージの原因を知ることで、予め髪がダメージを受けることを予防しましょう。

また、髪がダメージを受けて傷みがひどいときの対処法も詳しく解説していきます。

ドライヤーで髪が傷む乾かし方

髪のダメージは、毎日のドライヤーが原因になることが多いです。

ドライヤーそのもが悪いのではなく、重要なのはドライヤーの乾かし方。

ドライヤーを正しく使うことは髪を美しく保つことに繋がりますが、間違った使い方だと髪が傷んでしまうので注意しましょう。

まず、ドライヤーは必ず根元から毛先に向けて乾かすようにしてください。

髪には、1本1本キューティクルというものが魚のうろこのように全体を覆っています。

そのうろこのようなキューティクルが開いている状態だと、隙間から髪の毛の中にある水分や栄養分が、どんどん流れ出てしまうのです。

特に髪が濡れた状態はキューティクルが常に開いていますので、シャンプー後の髪はとてもデリケートな状態といえます。

そのため、ドライヤーで乾かす際には開いているキューティクルを引き締め、髪の毛にある水分や栄養分を逃さないようにする必要があります。

ドライヤーの風を根元から毛先に向かって当てるのは、キューティクルを引き締めるため。

キューティクルは毛先に向かって開いているので、ドライヤーの風を下から上に向かって当ててしまうのは逆効果です。

キューティクルが閉じることで髪のツヤが維持され、手触りもグンと良くなりますよ。

ドライヤーで乾かす際には、オーバードライにも気を付けましょう。

オーバードライとは、乾かしすぎのことです。

特に多いのは、根元がまだ乾いていないのに毛先が先に乾いてしまい、その結果毛先がパサパサになってしまうケース。

もう十分乾いているのに、そこからさらにドライヤーの風を当て続けると、髪は当然水分を失い、パサつきや枝毛の原因となってしまうでしょう。

これを防ぐには、毛先ではなく根本から乾かしていくことが大切。

髪の内側や根元はもっとも乾きにくい場所でもあるので、まずはこういった場所から乾かし、毛先のオーバードライを防ぎます。

しかし、どんなに工夫して乾かしても毛先だけが乾いてしまうことは美容室でもよくあります。

そんなときには、乾いてしまった毛先をもう一度濡らすと良いですよ。

水を直接付けるとボトボトになってしまうので、霧吹きで毛先のみを数プッシュし、軽く湿らしましょう。

こうするだけで簡単に毛先のオーバードライを防ぐことができます。

それでも毛先のオーバードライが気になるようであれば、ミストタイプの洗い流さないトリートメントを軽く馴染ませながら乾かすのがおすすめ。

「ミルボン」の「インフェノムミスト」なら、絡まった髪やパサついた髪を内側から補修し、ドライヤーの熱から髪を守ってくれます。

濡れた髪全体に軽くプッシュしておくだけで、ドライヤーによるオーバードライを防ぎ、ダメージの原因を作りません。

毛先のダメージが進行している人や、髪が細く、乾きやすい人にもおすすめですよ。

冬の乾燥が髪のダメージになる理由

冬の乾燥も、髪のダメージになってしまいます。

空気が乾燥していると、お肌はカサカサになり、夏よりもより丁寧なスキンケアをする人は多いですよね。

髪の毛も同じで、お肌のように乾燥しカサカサになっています。

水分量が減ってしまい潤いをなくしてしまった冬の髪はパサパサになりやすく、まとまりにくいのでスタイリングもうまくいかないことが多いです。

秋から冬の空気が乾燥しやすい季節には、お肌だけでなく髪の毛の乾燥にも注意してください。

冬の乾燥が髪のダメージになる原因には、暖房も大きく関係しています。

暖房の風は冬の乾いた空気よりも、髪へのダメージが大きいと言われています。

そのため、寒い時期に長時間髪が暖房の風を受けるのは、髪のダメージへと繋がってしまうのです。

寒い冬に暖房を我慢するのは難しいですが、直接髪に暖房が当たらないように気を付けたり、長時間暖房のかかっている部屋で過ごさないようにするなどの対策が必要でしょう。

冬の乾燥した空気や暖房による影響から髪を守るためには、使用するシャンプーやトリートメントなどを、しっとりタイプに切り替えるのがおすすめです。

普段はサラサラな仕上がりで軽く使えるアイテムを使っている人も、冬はしっとり感のある仕上がりにしておくだけで、水分が髪から抜けてしまうのを防ぐ事に繋がります。

また、洗い流さないトリートメントを使って髪の表面をコーティングし、水分をしっかり髪の内側に留めておくことも大切です。

冬の乾燥した時期には静電気に悩まされる人も多いですが、実は静電気も髪には良くありません。

静電気は体が乾燥している証拠なので、水分補給を心掛け、髪を静電気から守ることもダメージ予防になりますよ。

他に髪のダメージの原因になるもの

髪のダメージの原因になるものは、他にもたくさんあります。

例えば紫外線は、髪の内部構造を崩してしまうので、大きなダメージを与える原因となります。

どんなにしっかりヘアケアをしていても、紫外線をたっぷり浴びてしまうと、髪はパサパサになり切れ毛などのトラブルが発生してしまいます。

また、ストレスも良くありません。

ストレスが溜まると体の新陳代謝が低下し、巡りが悪くなってしまいます。

体内の不要物が溜まりやすくなるので、頭皮にも汚れや皮脂が詰まり、髪が生えにくく、十分な栄養が行き渡らない状態に

ストレスを長時間感じている人や疲れが取れていないという人は髪がダメージ毛になりやすいので、日ごろから注意したいものです。

食生活も重要です。

栄養バランスの崩れた食事を続けていると、髪にも栄養が運ばれなくなり、抜け毛や薄毛の原因に。

薄毛で悩んでいる多くの人は、食事の改善が必要であるとも言われているくらい、髪のダメージと食事は大きく関係しています。

ジャンクフートやコンビニ食、ファストフードが多い人は、できるだけ和食を取り入れたり自炊をするなどし、食事内容を改善するのがおすすめです。

髪のダメージになるのは、睡眠不足も関係します。

髪は通常、私たちが寝ている間に分泌される成長ホルモンによって新しく生え変わり、常に健康で美しい髪を維持することができます。

しかし、睡眠不足になってしまうと成長ホルモンが十分に分泌されなくなるので、髪の成長が鈍ります。

頭皮には古い角質が残りやすくなりますし、新しい髪が生えにくくなるので、髪のダメージが進行する可能性が高いです。

1日に最低でも5時間は睡眠をとるようにし、成長ホルモンを分泌させることは、髪を美しく保つためには欠かせないのです。

髪に合っていないスタイリング剤やヘアケア剤を使い続けることも、髪へのダメージに繋がります。

髪には細い髪や太い髪、くせ毛や直毛など、様々な個性があり、それに合うアイテムも人それぞれ異なります。

自分に合っていないシャンプーやトリートメント、スタイリング剤を使い続けていると髪はいつまでもきれいになりませんし、ダメージも補修されません。

自分に合っているアイテムがどんなものなのかを知り、良いものを使い続けなければ髪のダメ―ジは残り続けます。

髪のダメージを予防する方法

以上のことを踏まえ、髪のダメージを予防する方法を考えていきましょう。

やはり、日ごろのヘアケアはとても大切です。

たとえ現段階で髪のダメージがそれほど気になっていない、という人も、今のうちからダメージを予防するためのケアをしておくだけで将来の髪を美しく維持できることに繋がります。

シャンプーは毎日1回行い、その日の汚れはすぐに洗い流すようにしてください。

ただし、シャンプーのし過ぎはフケやかゆみの原因にもなるので、必ずシャンプーは1日に1回に留めておきます。

すすぎは丁寧に行い、頭皮にシャンプー剤が残らないようにしましょう。

髪は自然乾燥にしてしまうと、水分や栄養分がどんどん流れ出てしまいます。

できるだけ早く乾かして、キューティクルを引き締め、ダメージにならないようにします。

乾かす前には洗い流さないトリートメントを付けて補修するのもおすすめです。

髪のダメージを予防するのなら、ヘアケアだけでなく、日ごろの生活習慣にも気を付けてください。

食事には、タンパク質や海藻類、ビタミンなどの髪に良い成分を多く摂り入れて髪の成長を補いましょう。

水分不足も髪のパサつきの原因になるので、食事と同時に水分補給をすることも忘れずに。

1日に2リットルの水を飲むようにすれば、自然と髪は潤いを保てるようになります。

髪やお肌がカサついている人は、水分不足が根本的な原因であることも多いのです。

食事だけでなく、適度な運動を心掛けて体を動かすことも、髪のダメージ予防に繋がります。

体を軽く動かすことで全身の巡りが促されるので、血行が促進。

頭皮の血流も良くなりますので、健康な髪が生えやすい理想的な頭皮状態に近づくことができます。

また汗をかくことで頭皮に詰まっている不要物が流れ出ていくきっかけにもなるので、適度な運動は美髪にも欠かせません。

軽いウォーキングやストレッチ、ヨガなどで十分なので、週に1回からでも取り入れてみましょう。

自分でできる予防やケアも大切ですが、やはりプロによるヘアケアを受けておくことも、ダメージ予防に役立ちます。

美容室でのトリートメントは、集中的に髪に栄養を与えることができるので、定期的に受けておくのがおすすめ。

トリートメントがセットになったヘッドスパなども、頭皮ケアを同時に行えるので良いでしょう。

髪の毛の傷みがひどいときの対処法

髪の毛の傷みがひどいときには、集中的に対象する必要があります。

ダメージを受けた髪はどんどん栄養が抜けていくので、できるだけ早く対象するのがおすすめです。

髪の毛の傷みがひどいときには、定期的に行うような集中パックなどを毎日続けて行ってみましょう。

「水分へアパック」の「エクストラへアパック」は、髪の毛が細い人から太い人、ダメージ毛など幅広い髪質に使いやすいトリートメントなので使いやすくておすすめ。

非常に濃密なとリートメントで1度の使用でかなり髪がしっとりまとまりますが、髪の毛の傷みがひどいときには毎日続けて使用し、様子を見てみましょう。

毛先を中心に髪全体に馴染ませ、数分置いてから洗い流せばより効果が高まります。

つけ過ぎると髪が重たくなりベタついてしまうこともあるので、少量ずつつけて付け足していくと良いです。

髪の毛の傷みが徐々になくなってきたら、少しずつ使用頻度を減らしていきましょう。

髪の毛の傷みが何を使っても収まらない場合には、カットしてしまうのも一つの手段です。

髪の毛先がダメージを負っていると、髪全体に栄養が行き渡りにくく、いつまでもダメージが続いてしまいます。

思い切ってダメージ部分をカットすることで、その分髪に栄養が行き渡りやすくなり、生えてくる髪の毛も健康になります。

一度抜けてしまった水分や栄養分をもう一度補うのは非常に難しいので、カットするのは有効な対処法ともいえます。

髪の毛は長くなるほど栄養が毛先に行き渡りにくくなるので、髪を傷みから守るためには、あまり長く伸ばさないようにするのも一つの方法といえるでしょう。

髪のダメージは原因に関するまとめ

髪のダメージはあらゆることが原因で発生します。

日頃のヘアケアだけでなく、日常生活にも髪のダメージになってしまう原因はたくさん潜んでいるのです。

どんなに良いトリートメントを使っていても、乱れた食生活や睡眠不足でイライラしていると、髪はダメージを負ってしまいます。

また、日ごろから生活習慣を整えていても、髪のヘアケアが間違っていると、髪はダメージを受けてしまうでしょう。

まずは自分の髪質を知って、自分に合ったアイテムやケア方法を実践していくことが大切です。

また、自宅でのケアと合わせて、定期的に美容室でのケアを受けることもダメージ予防のためには重要。

美容室では自分に合ったケア方法や、髪質に合わせた改善な方法などを教えてくれるはずなので、ダメージが収まらないという場合には、一度信頼できる美容師に相談してみるのもおすすめです。