元美容師が教える紫外線による髪のダメージ ケア

紫外線は、お肌だけでなく髪にも大きなダメージを与えます。

美容室に来られるお客様にも、紫外線によるダメージを受けている方はとても多く、正しいケアをおすすめしてきました。

髪が紫外線によるダメージをうけていると、カットデザインが作りにくいだけでなく、カラーやパーマも綺麗に仕上がらなくなってしまいます。

思い通りのヘアスタイルを作るには、紫外線によるダメージを防ぐ必要があるのです。

今回はそんな紫外線と髪のダメージケアについて解説。

紫外線をうけた後の正しいケア方法を知っておけば、一年中きれいな髪をキープできますよ。

紫外線で髪がダメージをうける理由

まずは、紫外線がどう髪にダメージを与えるのか、知っておきましょう。

髪の毛の中には、「シスチン結合」というものが1本ごとに存在します

これは髪のしなやかさや自然なコシを維持するために欠かせないもので、健康な髪の毛には必ず存在するものです。

しかし、紫外線をうけることで、髪の中にあるシスチン結合は崩れ、栄養を十分に維持できなくなります

すると、髪本来が持つしなやかさ・コシがなくなり、いわゆる「ダメージ毛」へと変化してしまいます。

紫外線をうけた髪はシスチン結合が崩れている状態なので、切れ毛や薄毛、抜け毛などの予備軍に。

紫外線で髪がダメージをうける理由は、まさにシスチン結合の崩れともいえるでしょう。

また、髪表面を覆っている「キューティクル」は髪に自然なツヤを与えますが、紫外線はこの「キューティクルも剥がしてしまいます。

髪は本来自然なツヤを持っており、日本人は特に地毛でもキューティクルが強いといわれています。

しかし、紫外線の影響でキューティクルが剥がれてしまうと、その隙間から髪に入っていた水分や栄養分も逃げてしまい、ツヤのないパサパサな髪の毛に。

夏に1日中炎天下にいると、髪がパサパサしてしまった、という経験がある人も多いでしょう。

それは、キューティクルが剥がれていることが原因だったのです。

キューティクルに隙間があるとシャンプーの度に栄養が流れてしまい、時間の経過と共にダメージは大きくなります。

髪の基礎でもあるシスチン結合を崩し、髪のコーティングをしているキューティクルまで崩壊する紫外線は、まさに美髪の天敵。

紫外線のケアは、お肌と同じくらい、髪の毛にも気を使いたいものです。

紫外線で髪がダメージをうけたらケアした方が良い理由

紫外線で髪がダメージをうけた後、髪は自然に元通りにはなりません。

紫外線をうけたお肌は、一度赤くなったり黒くなったりしますが、自然にまた元の色に戻りますよね。

一見、紫外線がお肌にうけた影響は収まったようにも見えますが、実はお肌の内側では細胞が刺激を受け、数年後にシミ・そばかすとして悪影響が出ることは、多くの人がご存知の通りです。

髪の毛もお肌と同じで、一度うけたダメージは蓄積し、必ず悪影響が出ます。

例えば先ほどご紹介したシスチン結合は、一度崩れると復活することはありません。

髪の毛が完全に生え変わるまで、パサパサのままなのです。

それに、キューティクルも一度剥がれてしまうと補修が難しく、ケアをしない限りどんどん剥がれてダメージ毛へと変化してしまいます。

また、紫外線によるダメージをうけた髪はとてもデリケートなので、少しの刺激で切れたり抜けたりします。

パーマやカラーもいつも通り施術できませんし、理想のスタイルを作り出せなくなってしまいます。

紫外線のダメージをうけた髪は扱いにくいですし、自分でスタイリングすることも難しくなり、結局カットしてしまう方も多いです。

時間の経過と共に紫外線のダメ―ジ毛はどんどん傷み、美容室のトリートメントでも補修ができなくなってしまいます。

そうなる前に、紫外線をうけたら早めに髪のケアを始めることをおすすめします。

髪のuvケアトリートメントでおすすめ商品

紫外線によるダメージを補修するためには、uvケアトリートメントが欠かせません。

紫外線による髪のダメージケアは美容室でトリートメントをするのも良いですが、定期的に通うのはなかなか難しい、という方も多いですよね。

紫外線をうけた後のダメージケアは、美容室に通わなくても自宅で行うことが可能です。

その際には、効果の高いuvケアトリートメントを使って正しくダメージをケアしてください。

おすすめは、「ジョンマスターオーガニック」の「R&Aヘアミルク」です。

こちらは洗い流す必要のない、アウトバストリートメントになっており、簡単にケアできるのがポイント。

紫外線でダメージをうけた髪をしっかり保湿するだけでなく、内側のダメージ部分にも集中して働きかけるので、コシを失った髪にも効果があります。

また、R&Aヘアミルクには保水効果があるので、紫外線の影響で水分を失っている髪に潤いをキープしてくれます。

紫外線によって剥がれたキューティクルの隙間にも働きかけるので、指通りもスベスベになります。

伸びが良いので扱いやすく、どんな髪質の人でもOK。

ローズの香りでリラックス効果もあり、紫外線で疲れた髪と体を癒してくれること間違いなしですよ。

美容室で購入するなら、「ミルボン」の「ディーセスエルジューダサントリートメント」がイチオシです。

こちらはSPF25、PA+++のUVカット効果があり、日中用のトリートメント・スタイリング剤としてもお使いいただけます。

先ほどのR&Aヘアミルクと同様、アウトバストリートメントなので洗い流す必要はありません。

お風呂上りやシャワー後の濡れた髪に、程よく馴染ませるだけで次の日の紫外線対策ができます。

ディーセスエルジューダサントリートメントには軽めの仕上がりになる「セラム」、しっとりと仕上がる「エマルジョン」の2つから選ぶことができます。

使用感のお好みで選べますが、髪が細い人やサラサラ感がお好みの方はセラムを、髪が太い人やまとまり感のある仕上がりがお好みの方はエマルジョンをおすすめします。

パサつきが気になる場合には、朝のスタイリング時に軽く馴染ませれば毛先までしっとり落ち着きますよ。

Uvカット率が高いので洗い流すのが大変なのでは?と感じる方もいるようですが、こちらの商品はいつものシャンプーでスッキリ洗い流せるので、2度洗いをする必要もありません。

サロン品質のuvケアトリートメントをお探しの方は、ぜひディーセスエルジューダサントリートメントをお試しください。

髪のUVカットオイルでおすすめ商品

髪のuvケアをするのなら、ヘアオイルもおすすめです。

オイルはミルクやジェルなどと違い、髪に馴染ませやすいのが特徴です。

ベタつきを気にする人もいますが、軽くてサラサラな仕上がりにはオイルは使用しやすいです。

また、オイルは髪に自然なツヤを与えるので、紫外線によって髪のツヤがなくなってしまった、という悩みも解決します。

特にカラーヘアの方には、よりカラーを美しく見せるためにもヘアオイルでのケアをおすすめします。

そんなオイルのuvカットおすすめ商品は「DHC」の「ダメージケアエッセンスUV」です。

こちらはuvカットだけでなく、ダメージ補修、うるおい補給、カラーケア、ツヤだしと合わせて5つの効果があるのが特徴的で、扱いやすいアイテムといえます。

カラーヘアが紫外線を浴びると、色の褐色やムラが出てきてしまい、カラーヘア本来の美しさを損なってしまいます。

それを防ぎ、もう浴びてしまった紫外線に対しては有効成分でしっかりとケア。

常にカラーリングをしている人、カラーヘアを紫外線から守りたい人にはピッタリのuvカットオイルです。

美容室では「モルトベーネロレッタ」の「ベースケアオイル」が人気を集めています。

こちらにはuvカットの効果はないものの、髪の表面をきれいにコーティングされるので、外部の刺激から守ってくれる効果があります。

夏の暑い日差しからも、髪の毛をしっかり守ってくれるので安心。

また、数多くあるヘアオイルの中でもこちらの商品は非常に軽い仕上がりになるのが特徴で、オイルが苦手な人へもおすすめできます。

使用後の手もベタつきにくく、日中用のケア、スタイリング剤としても大活躍しますよ。

毎日ワックスを使用している人は、ご使用のワックスにこちらのオイルを少量混ぜて使うのもOKです。

ヘアオイルで髪をコーティングするだけで、紫外線によるダメージは大きく軽減します。

おしゃれなパッケージでお部屋に置いておくだけで、美意識が高まるという声も多いです。

嫌味のないローズの香りは、暑い夏に付けてもナチュラルに過ごせますよ。

人気商品なので多くの美容室で取り扱っているので手に入りやすいのも嬉しい限り。

髪のUVカットスプレーでおすすめ商品

髪のuvカットが必要なのは分かっているけど、トリートメントやオイルを塗るのが面倒…。

という人には、uvカットスプレーが便利です。

その名の通り、スプレー式のuvカットアイテムなので、スプレーするだけで手軽に髪のuvケアができてしまいます。

髪のケアが苦手な人だけでなく、朝のスタイリングに時間をかけられない人や、トリートメントやオイルで手が汚れるのを避けたい人にもおすすめです。

日焼け止めの人気ブランドでもある「資生堂アネッサ」の「パーフェクトUVスプレーアクアブースター」は、高いレベルのuvカット効果がスプレーで補えると人気の商品です。

顔、体はもちろん、髪にも使用できるので、全身を簡単に紫外線から守ることができます。

顔や体に日焼け止めを塗るのは、案外大変ですし、時間がかかりますよね。

アネッサのパーフェクトUVスプレーアクアブースターなら、あっという間に紫外線対策ができてしまうので、一度使うともう手放せないという方も多いようです。

汗や水にも負けないuvカット効果があり、アウトドアやレジャーにも最適ですよ。

アネッサは紫外線カット率がSPF50、PA+++と高めなのに対し、せっけんやシャンプーで簡単に落とせる使い勝手の良さも人気の秘密です。

ただし、髪や顔にスプレーをする際には、目や鼻、口に直接かかるのを防ぎながら、注意してケアしてください。

同じくSPF50、PA+++を誇る紫外線カット率でおすすめのuvカットスプレーは「ミルボン」の「ディーセスデイチャームUVミスト」です。

ミルボンではuvケアができるアイテムが多く展開されており、先ほどもuvケアトリートメントをご紹介しましたが、こちらのスプレーも同じラインの商品になります。

Uvケアアイテムとは思えないくらい、毛先までまとまるサラサラ感と自然なツヤを与えるので、スタイリング剤としても使用可能です。

毎日のスタイリングで使用するヘアスプレーをこちらに切り替えるだけで、簡単に髪のカットができてしまいます。

こちらはハードスプレーのようなキープ力はありませんが、ナチュラルなまとまり感、自然なふんわり感を演出できるので、うまく使い分けてください。

香りは「フルーティーフローラル」「フレッシュフローラル」「グリーンフローラル」の3種類。

どの香りも上品な香りで、紫外線対策を感じさせる匂いは一切ないので安心してください。

トリートメント効果も高いので、すでにパサついている、切れ毛になっているなどのダメージゲアにも最適です。

使い続ける程、髪が綺麗になるのを実感できるのではないでしょうか。

髪は紫外線を受けることによって、大きなダメージをうけます。

キューティクルやシスチン結合という美髪には欠かせない要素が紫外線によって崩れてしまうため、パサつき、切れ毛、抜け毛、枝毛などダメージへアへと導いてしまうのです。

そのため、髪を美しく保つには、紫外線対策をすることは欠かせません。

髪の紫外線対策には、帽子を被る、できるだけ日に当たらないようにするなどの対策も有効ですが、より髪を美しく保ちたいのなら毎日使うアイテムを見直してみましょう。

今回ご紹介したようなトリートメント、オイル、スプレーは、実際に美容師から見てもおすすめできるものばかりです。

紫外線は夏の暑い日はもちろんですが、1年を通して降りかかります。

髪のダメージが改善されなかったり、美容室でトリートメントをしても髪が傷んだままだという人は、紫外線がダメージの原因かもしれません。

美容室でせっかくきれいになったカラーヘアやパーマへアを台無しにしないためにも、紫外線対策は怠らないようにしてください。

お肌だけでなく髪もuvケアを心がけ、紫外線に負けない美髪を保ちましょう。